<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

広島県三次市「わらべ」手打ちそばのお店

広島県三次市にある「わらべ」手打ちそばのお店をご紹介します。

成羽ダム経由→帝釈峡→「わらべ」のツーリングコースです。

バイク乗りの中では、ダムを巡る「ダムツーリング」を楽しむ人も多いようです。

岡山県の高梁市にある、一級河川高梁川水系の成羽川に建設されたダムで中国電力が電力供給のために昭和43年に完成させた大きなダムです。
ほんと、びっくりするほど大きく、普通にバイクでダムの上を通過できるのでダムの雄大さに感動させられます。
放流シーンに出会えたら良かったのですが、残念です。
前、旭川ダムに、たまたま寄ったとき放流していて吸い込まれるようで感動しました。
e0173183_17362123.jpg
e0173183_17365171.jpg
e0173183_1737827.jpg
e0173183_17372725.jpg
e0173183_17374463.jpg
e0173183_1738115.jpg
e0173183_17383094.jpg


湖畔のクネクネとした道を経由して帝釈峡に・・・・
途中、おもしろい吊り橋があったので興味本位に渡りました。静かな場所でゆらゆらと面白かったです。
e0173183_17402212.jpg
e0173183_17403636.jpg



「わらべ」は帝釈峡からは近いと思っていましたが 意外に遠く・・・道も分かりにくく迷ったので1時間近くかかりました・・・・3時過ぎてしまい大丈夫かなーと思いましたが何とか注文できました。

ほんとに田舎の良い環境で田んぼの中にある感じです。
街中ではなかなか本当の山菜を食べられる機会も少なく、山菜天ぷらが付いた「そば定食 ざる」1,600円を頼みました。

せりのお浸しに始まり山菜の天ぷら・炊き込みご飯のおにぎり・お漬物・ざるそばと出てきました。
山菜天ぷらは沢山説明がありましたが、つばきの花びらの天ぷらだけ覚えています。
最後にとろとろのお餅の入ったぜんざいが出ました。
どれも大変美味しかったです!!

後で気づいたのですが「大盛り可」だったみたいです。残念・・・必ず大盛りにすることをおすすめします。
良い環境で落ち着いて食事をすると何かが体の中からす〜〜と出ていくようです。

大変満足しました。


〔情報〕
「わらべ」広島県三次市甲奴町小童2584-1
営業時間11:00~19:00
TEL.0847-67-3800
e0173183_174121100.jpg
e0173183_17413870.jpg
e0173183_17415212.jpg
e0173183_1742760.jpg
e0173183_17424563.jpg
e0173183_1743114.jpg
e0173183_17434914.jpg
e0173183_1744266.jpg
e0173183_17441234.jpg

by cache-jp | 2009-05-27 17:44 | おすすめ情報

広島の呉に行きました。

最近、戦時中の日本の話に惹かれています。
高速道路1,000円をフル活用!!広島県呉へ

長渕 剛の歌と反町隆史や中村獅童、松山ケンニチが出演している映画「男たちの大和」で、まだ記憶に新しい戦艦大和。映画も見ましたが実際それほど記憶には残っていません。子供の頃から接していたのは、やはり「宇宙戦艦ヤマト」でした。


ここ、広島県の呉市にある「大和ミュージアム」は、戦艦「大和」の資料館です。
呉の海軍直轄工場で1941年、当時の最先端技術の集大成でありながら極秘に建造された世界最大の戦艦「大和」。
1941年って言うと68年前のことです。当時の資料や遺品が生々しく展示してありタイムスリップできました。

戦艦大和は、世界最大の戦艦として堂々と戦争に参加しましたが1945年4月7日、沖縄特攻作戦に向かう途中、米軍の攻撃を受け沈没、乗員3,332名のうち3,056名が大和と運命を共にしました。

今も海の底に眠っている大和ですが、アメリカのタイタニックを引き上げた海底探索チームが大和の残骸を現代に引き戻したそうです。
詳しくはミュージアムでビデオが上映されています。


館内には、10分の1のスケールの「大和」が展示してあり圧倒的な存在感を出しています。
細部まで再現した大和は、ずっと見ていても飽きそうにありません。
零戦や機関銃も実物が展示してありました。別にフロアに「宇宙戦艦ヤマト」のリアル模型もありました。
他にビデオや遺品で戦争の歴史も感じることができます。

日本は国の中で戦をしていました。他の国のことは知らなかったみたいです。
ペリー艦隊来航をきっかけに、200年以上続いた徳川幕府による鎖国政策は終わります。西欧列強の著しく発達した造船技術を目にした日本は、強い危機感を抱き、西洋の進んだ船の建造技術を導入するため日本に海軍をつくり、その拠点として鎮守府が国内4ヶ所内に設置されました。そして建造の国産化のために呉海軍工廠(かいぐんこうしょう)が広島県呉市に設立されたそうです。

世界各国で戦争が起きていたとき日本は最初強かったようです。
大和はそんな中、アメリカの「量」に対抗するべく「質」の勝負で複雑で最新技術の結晶とも言える戦艦「大和」をつくったそうです。でも戦争は大和が完成して出航する頃には航空戦となっていて大和は本来の力を発揮できず航空戦の支援が多くなっていました。
そして戦争の終局時に沖縄特攻作戦に出撃し航空機に爆弾を大量に落とされ最期を迎えました。
なんか、そんなに大きな船なら爆弾を落とされるのは分かりそうな感じなので今考えると、なんか口惜しいような、もったいないような・・・残念な感じです。
その後、広島に原子爆弾が投下され戦争は終わったそうです。
今でこそ、人の命の尊さを感じることが出来ますが、この頃の戦場ではどうだったのでしょうか?
大きな力に逆らえないのは、今も昔も変わりませんが、戦争だけはやめてほしいものです。
e0173183_18554845.jpg
e0173183_18561329.jpg
e0173183_18563421.jpg
e0173183_1857149.jpg
e0173183_18571210.jpg
e0173183_18572840.jpg
e0173183_1857445.jpg
e0173183_1858140.jpg
e0173183_18581556.jpg
e0173183_1858283.jpg



と・・・「大和ミュージアム」の後はランチへお出かけです。
呉市では有名なお店「いせ屋」へ行きました。肉じゃがのメニューがポテトチップスにもなっているご当地グルメのお店みたいです。
大正10年から続くという洋食屋みたいで「海軍さんの肉じゃが」を注文しいている人も多かったです。
とりあえずカツ丼1,100円を注文。牛カツでした!!うまーい!!!
味はマイルドな感じで岡山の「やまと」のカツ丼に似てました。ん?やまと??(繋がりは?知りません・・・」

遠方からも来てるみたいで道を聞く電話がよく鳴っていました。
パルス通りが分かりづらかったですが行列が出来ているのですぐに分かりました。大和ミュージアムからもすぐです。

近くにフライケーキって書いた店がありお客さんが並んでました。気になりましたがスルーしたので分かりません。あんこの入った饅頭を揚げたのみたいです。

呉に行った際は「いせ屋」はおすすめです!!
e0173183_1859399.jpg
e0173183_18591634.jpg
e0173183_18593750.jpg
e0173183_18594910.jpg
e0173183_19019.jpg

by cache-jp | 2009-05-21 19:00 | プライベート