<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

インテックス大阪リンキンパークLive

前回は行き損ねたLinkin Parkの
A THOUSAND SUNS JAPAN TOUR 2011インテックス大阪へ
飛び込んできました!
最初は、少し右の方だったのですが飛び跳ねてるウチにいつの間にか、ど真ん中に来てました。
滝のような汗を流し、爽快な最高の一夜でした!
大阪ドームは大き過ぎるけどインテックス大阪は程よい大きさでエアコンもバッチリ効いていて、とてもライブに適した会場だと思いました。
小さいライブハウスだと酸欠になりそうになるけど天井も高いから良かったです。
音も変に反響して心臓に響かず良い感じでした。
駐車場も沢山あって便利だし安いし。

通常ライブなどでアーティストの写真を撮るのはアウトだと思うけど
リンキンのライブでは撮ってる人が目立ちました。
海外とかは平気でカメラで撮ってるから問題ないのか、少し疑問です。
入口でゴツイSPみたいな人に足下からポンポンポンとたたかれボディチェックされました。
アメリカっぽいというかライブ会場では初めてです。

セーフかアウトか分からないけど始まる前に会場を撮りました。
e0173183_964957.jpg

Linkin Park最高です!次も、ぜったい行きます!

帰りに三木サービスエリアで、ちょっといいお土産見つけました!
「イカの黒造り」です。
イカ墨入りイカの塩辛みたいな感じです。
いかにも服に付いたらどうしようと・・・感じさせる真っ黒なイカの塩辛です。
これが、ご飯と合う絶品の塩辛でした!
e0173183_9133265.jpg

e0173183_9134542.jpg

e0173183_9135719.jpg

by cache-jp | 2011-09-17 08:37 | プライベート

大山トレッキング

大山に登りました。
一般的に大山はユートピアコースと夏山登山コースがあり
夏山登山コースの方が楽なようなので、そちらを選びました。
最高の天気でした!
e0173183_0325282.jpg

大山は溝口インター方面から見た景観がやはり最高です!
廻りに山がないので富士山のようです。
冬の大山はスノーボードに来たときによく見ていますが夏山を見る機会は少ないです。
道も雪がないのでいつもと違った景色で新鮮です。

駐車場は登山客で賑わっておりました。
頂上目指して頑張ります!
e0173183_0352318.jpg


きれいに整地されて階段も付いているので、これは楽勝かな・・・と思っていましたが
相当、きつかったです!
e0173183_0371649.jpg

二合目あたりでは、もう息が切れて汗だくになっていました。
水は、頂上でいつものようにカップラーメンとコーヒーを沸かして飲みたいので
2リットル、リュックに担いでいます。
他にもお弁当やらお菓子やらガスバーナーなんかも入れてるので
リュックは相当な重さになっており
ジワジワと重くなってきます。
先日、テレビで栗城史多さんの特集番組があり、見ていると服に付いている小さなタグまで切り取って身軽にして山に登るらしいです。
あの小さなタグの重さを感じるようになるらしいです。
まあ、6,000mとかの山なんで1,700mほどの大山とは比べるものではないですが・・・
e0173183_044035.jpg


五合目付近まで来ました。この辺りが一番きつかったです。
この辺を境にランナーズハイみたいな状態になって少し楽になってきました。
大山のこのコースは、風が通り抜けることがなく暑くて余計に疲れます。
景色もこの辺りまでは林しか見えません。
e0173183_0481096.jpg

e0173183_9212133.jpg

八合目を超えてきました!
この辺りからだんだんとテンションも上がってきます!
景色も雲の上に来たのか絶景に変わってきました!
e0173183_0501246.jpg

e0173183_0503519.jpg

上の方に来ると道が少し険しく細くなり登山客渋滞が少しおきていました。
「どうぞ、お先に」と道を譲ってくれるんですが
こっちも、限界を超えつつあります・・・
道を譲ってもらい迷惑をかけるわけにはいかないので
力を振り絞って足を進めます。
e0173183_052463.jpg

e0173183_053146.jpg

e0173183_0534049.jpg

もう少しです!
これからは、尾根伝いなので少し楽です。
こんな山の上なのに、木の板で道が作られていて、すごいです!
e0173183_0552335.jpg

e0173183_0554573.jpg

頂上に到着です!
すごい人です!みんな、すごい体力です。年配の人たちもたくさんいます。
山は登山客が登ったり天候などでどんどん崩れて低くなるので
石を持って登るそうです。
その石が積まれていました。
e0173183_058472.jpg

時間的には9時半に登り初めて11時20分に着いたんで2時間弱でしょうか・・・
しかし頂上は霧が出て何も見えません。
お弁当とカップラーメンを食べたら下山します!

山の反対側に行くと霧も晴れて絶景が広がっていました!
e0173183_11474.jpg

e0173183_115897.jpg

e0173183_175035.jpg

少し降りると、見知らぬ、おじさんに逢いました。
毎週のように大山を登っているらしいです。
そのおじさんが言うには、「桝水の方に降りた方がぜったいいいよ」
「一緒に降りよう」
「でも、ここロープがしてるじゃないですか?」と聞くと
昔は、こっちを降りる人は多かったらしいです。
現に、このおじさん、ここで知り合った登山客を何人もこちら側から一緒に下山さしているらしいです。
私たちも同じ道を帰るのは、つまらないので、おじさんの誘いに乗っかることにしました。
e0173183_181266.jpg


一応、道は付いているようですが、明らかに人の手は加わっていない道で
斜度もあります。
デンジャラスです・・・・

でも、すごい絶景だし、山や花の説明をしてくれるのでガイド付きで降りてる感じでラッキーでした!
e0173183_1122115.jpg

e0173183_1123699.jpg

e0173183_1124883.jpg

「これが大山の富士山の先っぽよ」
なるほど・・・・
e0173183_11212.jpg

「これが朝、見た大山の頭の所なんだ〜」と感心しました。
大山は表と裏があり、どっちが表か分かりませんが
富士山のように見えるのはこっち側です。
森に入ってきました。
「おじちゃ〜ん。待ってくれ〜〜」
e0173183_1145277.jpg

e0173183_11569.jpg

慣れてるだけあって、早いです・・・・
登りでのぼったコースだと整地されているので
この自然な感じの方が、登山って感じで楽しいです。
木につかまったり、歩く道選んだりと降り方もサルのように工夫します。
富士山もいつか登りたいですが、人が多い整地された登山道なら
こんな感じの自然な道を登山したいです。
e0173183_121548.jpg

降りてきました。
桝水高原スキー場です。
e0173183_1214088.jpg

雲にかかって見にくいですが、あそこの頂上から降りてきたんだなと思うと
感動です!
桝水の水が出ていたので、冷たい水で顔や腕を洗って生き返りました!
e0173183_124185.jpg

e0173183_1243864.jpg

おじさんが「アイス食べよう」って誘うので一緒に食べて帰りました。
おじさん、お世話になりました!
by cache-jp | 2011-09-12 01:25 | プライベート

趣味の日曜大工でディスプレイ

趣味の日曜大工でレジ上のディスプレイを作りました。
木は、杉板を使い
木のベースは油性のオイルステンで塗り仕上げました。
なかなか上出来です!

チョウを見つけたネコが起きて、「う〜〜ん」とノビをして
やる気のない感じで少しだけ追いかけるところです。

ストーリー仕立ての看板ディスプレイです。
e0173183_1932044.jpg

e0173183_1933187.jpg

e0173183_1934417.jpg

by cache-jp | 2011-09-09 19:03 | お店のこと

秋パフェが登場しました。

急に朝晩が涼しくなりました。
今日は天気は良いし気持ちの良い風が吹いています。
もう、秋ですね〜

新作の秋パフェが出来ました!

無花果には西洋無花果と日本無花果があって色の薄いものが日本無花果です。
一般的には、日本無花果が先に出てきて、
収穫が終わった頃に少し色の濃い西洋無花果に変わっていきます。

いちじくは、大変傷みが早く買ってきたら、すぐに食べないと傷んでしまいます。
この、リスクとお値段を考えると、贅沢な果物と言えるのではないでしょうか・・・

そんな日本無花果を煮詰めてアイスにしました。
まろやかで、ほんのり無花果の香りがします。

ピオーネは、売場で色の薄いものと濃いものがあると思いますが
色の濃いピオーネの方が高値で取引されるようです。
実際は、色の薄いピオーネも好きですが、
食べ比べると濃い方が甘味は強いです。

ピオーネは皮ごと使う場合もありますが、細かい皮が口の中にまとわりつくのが嫌いなので
一粒一粒キレイに皮をむいて、アイスにしました。
ピオーネの酸味がヨーグルトアイスっぽい感じです。

仕上げに無花果を赤ワインでコンポートしたものと生のピオーネをトッピングしました。
ぜひ、一度ご賞味下さい。
e0173183_18575478.jpg

by cache-jp | 2011-09-06 14:42 | お店のこと