タグ:ツーリング ( 4 ) タグの人気記事

京都舞鶴〜美山ツーリング

ゴールデンウィーク後半に京都舞鶴〜美山1泊ツーリングに行きました!
舞鶴へバイクで訪れるのは2回目です。
前に来たときも、雨でしたね(泣)
天橋立の青空が見たいです。
雨がぱらつき中ロープウエイを登り展望台まで。
上はビューランドになっていて小さな遊園地みたいです。
e0173183_21475512.jpg

e0173183_21462889.jpg

e0173183_21491014.jpg

皿を投げられるところがあったので投げてみました。
惜しいところまで行きますが、輪っかの中になかなか入らない。
3枚が1回みたいで、コツが分かってきたので、あと1枚投げられたら入る気がしますが
やめときました。入っても御利益なさそうなんで・・・。
e0173183_21512932.jpg

e0173183_21521247.jpg
e0173183_21515849.jpg

e0173183_21522647.jpg

一日目は、舞鶴泊です。
ホテルの人に紹介された居酒屋に行く事に。
店内は満席でカウンターに通されました。
そこへ、後から1人のカナダ人が隣に座ってきました。
なんでも、日本語がしゃべれないみたい。
店員にも、英語が分かる人もいない状態。店内は忙しそう。
これも、定めだと思い、スマホの翻訳機能を使い会話してみました。
少しタイムラグは出るものの、通じます!
相手も、似たようなスマホの翻訳ソフト話しかけてきました。
すべてのオーダーを日本語がしゃべられないカナダ人の代わりにしてあげ、
スマホだけで、なんとなく盛り上がりました。
別れ際、「good memory」と言って帰って行きました。
どうも、舞鶴なんでイージス艦とかのエンジニアだそうです。
スマホの翻訳も使えるもんだと、初めて感心した一夜でした。
偶然、目に入ったのですが、何度も110番に電話していました。
きっと、困った時に電話してたんだなと、少し笑えました。
無事に日本滞在が済む事を祈ってます。

次の日は、一変して晴天です!
天気予報通りです!
とりあえず、赤れんが博物館へ
どこを切り取っても絵になる。色んな映画やドラマの撮影があったみたいですね。
中は、戦争時の資料館になっています。
ジオラマとか、心くすぐるアトラクションいっぱいでした!
e0173183_2281234.jpg
e0173183_228134.jpg
e0173183_2275386.jpg
e0173183_2274128.jpg
e0173183_2273097.jpg
e0173183_227177.jpg
e0173183_2265512.jpg
e0173183_2264294.jpg
e0173183_2262853.jpg
e0173183_2261443.jpg


舞鶴を後に、山道をどんどん走ります!
海も山もキレイです!
e0173183_229134.jpg

e0173183_2292947.jpg

e0173183_229474.jpg


そして京都の美山、かやぶきの里に立ち寄りました。
車や公共交通機関ではなく、バイクで白川郷に行きたいと前々から思ってたんで
似たような感じの美山へ来ましたが、予想以上にキレイですね!
人が多すぎて、情緒も何もないですが、天気も良かったせいか、すっごくキレイでした!
この里もお泊まりとか出来るのでしょうか?
なんか、ジビエ料理で鹿肉を押しているようですが、囲炉裏を囲んで山菜とかの田舎料理が食べたくなる雰囲気です。
ジェラートも美味しかったです。
e0173183_22181327.jpg

e0173183_22183114.jpg

e0173183_22184486.jpg

e0173183_22185739.jpg

e0173183_22191173.jpg

e0173183_22193487.jpg

e0173183_22195543.jpg

e0173183_222066.jpg

e0173183_22202044.jpg

by cache-jp | 2015-05-05 21:32 | バイクツーリング

安芸灘とびしま海道ツーリング

広島の呉から、とびしま海道を走り愛媛県手前の御手洗までの道のり。
多島美と気持ちのいい海風の中、下蒲刈から入りのんびりと走りました。
ミカンの収穫時期をむかえていて、道の至る所にミカン畑が広がり、また、とっても安かったです。
買って帰って食べましたが、今まで食べた事がないくらい(ちょっと大げさですが)ホントに美味しかったです!
島と島を橋がつないでいて、橋の上を走ると、とっても気持ちいいです!
車通りも少なく快適です。
e0173183_1533766.jpg

e0173183_1543615.jpg

e0173183_1544757.jpg

e0173183_1545732.jpg

お昼は「かつら」というお風呂と一緒になったようなところで海鮮丼を頂きました。
漁師料理って感じの定食でした。
e0173183_1582435.jpg

のんびりとした何もないところかと思いきや御手洗まで来てテンション上がりました。
古い街並み好きには、たまらない場所です!
あ〜〜癒されます。
e0173183_15113743.jpg
e0173183_15112419.jpg
e0173183_15111223.jpg
e0173183_1511127.jpg

e0173183_1512238.jpg

古い感じの理容室も営業しているようです。
どこの街並み保存地区も味わいがあっていいですね。
ふと歩いていると、ただならぬオーラを醸し出している時計店が。
新光時計店というらしく、少し調べてみると何やら、歴史は古く、小さな時計店ですが、神の手を持つ時計職人さんがいるようでマニアの間では有名みたいです。
e0173183_15223469.jpg

お?ミカンジュースが売ってる!絶対美味しいわ!
何やらおもしろい機械にミカンを投入しています。100%みかん!
ジュワジュワ〜〜と絞り出された一杯のミカンジュース。「やっぱり、うまい」
お兄さんもおもしろい!
e0173183_15255224.jpg

e0173183_1526153.jpg

e0173183_1526119.jpg

何カ所もの街並み保存地区にツーリングで出かけましたが、ここの街並み保存地区は、でかい!
また、ゆっくりと散策したいです!
必ず来年のミカンシーズンに訪れて、今度はミカンをたくさん買って帰ろうと思います。
帰りは、少しフェリーを使い帰りました。
e0173183_15282573.jpg

e0173183_15283393.jpg

e0173183_15285061.jpg

by cache-jp | 2014-10-12 14:50 | バイクツーリング

ボンネビルで岡山発〜江田島へ

ボンネビルで江田島へツーリングに。
しまなみ街道は、何度かツーリングに行きましたが、その先の江田島には初上陸です。
地図で見る限り、素敵な道が走って入り組んだ地形がおもしろそうです!
行きがけに国道185号線を走り竹原に寄りました。
全国各地にある街並み保存地区がここ、竹原にもあるようなので寄ってみました。
まずまずの広さの保存地区です。
ちょうど、「瀬戸内しまのわ」がらみで作家さんの作品展が行われていました。
スタンプラリーのような事もしていて、良かった作品に投票するようです。
e0173183_18471728.jpg

e0173183_1847784.jpg

e0173183_18473124.jpg

e0173183_18474638.jpg

e0173183_184831.jpg

e0173183_18481154.jpg

e0173183_1848342.jpg

e0173183_18484846.jpg

竹原は、アニメの舞台になっているようで、見たことはないですが
アニメの背景画のようなものも展示していました。
至る所に「たまゆら」ってポスターが貼っていました。
e0173183_190983.jpg

e0173183_1902289.jpg

夏にしては涼しい日だったのでのんびりと歩けるいい町でした。

そのまま、江田島へ向かいましたが、港町なので海沿いは主要道になっていて
とても、車が多く走りにくかったです。
地図で見るほど、良い感じでは、なかったです。
お昼は、「割烹 大学」というところへ入りました。
お客さんもとても多かったです。
店内にはいけすがあり、鮮度の良い魚がやはり売りのようです!
海鮮丼を注文しました!
海鮮丼なので、特に味付けがどうのこうのと言うわけではないですが
魚も新鮮で肉厚にカットされていて、美味しかったです。
e0173183_18545599.jpg

e0173183_1855134.jpg

e0173183_18552546.jpg

e0173183_18554248.jpg

e0173183_18554788.jpg

掘りごたつが、いいですね。
e0173183_1912035.jpg


少し走ると、江田島では有名なお豆腐屋さん「豆ヶ島」が見えてきました。
オープンして日も浅いようですが、インパクトあります!
e0173183_18571888.jpg

店内に入って一番に目に飛び込んでくるインパクトのある豆腐。
「福とうふ」金魚すくいのように水に浮いた水風船のような豆腐をザルですくいビニールに自分で入れます。少し楽しい♪
e0173183_1925414.jpg

こちら、風船を割って出てきた豆腐です。中もまん丸です。
e0173183_1925078.jpg

赤い方が、梅の入った豆腐で白はプレーンです。とてもなめらかでオススメの豆腐です!

この手の豆腐屋さんには、よくある豆乳ソフトクリームもありました。
ちょっと盛りと普通のやつがあり、ふつうのサイズのものは、自分でくるくるやるらしく
盛り放題的な感じみたいです。・・・が、盛りすぎて落としてもカッコ悪いので
お店の人に、「ごくごく普通でいいんで盛って下さい。」とお願いしました。
が・・・なかなかデカイ!!!「こんなには要らないな〜〜」と思いつつも
食べたら意外にあっさりしていて、豆腐の味がしっかりとして、美味しいソフトクリームでした。
e0173183_1981442.jpg

他にも、たくさん豆腐商品が売ってあり
おぼろ豆腐と江田島クリーミープリンを買って帰りました。
江田島クリーミープリンは、家に帰ると、バイクだったので少し温かくなり
水のようになっていたので、再度冷蔵庫で冷やして食べました。
これは、なめらかでうまい!玉子の味を感じます。オススメですね!
e0173183_19141171.jpg

e0173183_19135220.jpg


呉を通って帰りました。
赤レンガ倉庫群と海上自衛隊の船と潜水艦が停泊していました。
e0173183_20323715.jpg

e0173183_20325385.jpg

e0173183_2033341.jpg

e0173183_20324062.jpg

e0173183_20324827.jpg

この赤レンガ倉庫も、いずれ商業施設とかになるんでしょうか。
by cache-jp | 2014-08-11 18:36 | バイクツーリング

岡山の名水めぐりツーリング

夏の涼を求めて名水めぐりに出かけました。
ルートは53号を抜けて「流しそうめん」で有名な紅葉亭へ行き
県道339号の農道を通り国道181号(出雲街道)を通り
「鬼清水」へ。
そのまま国道181号を北へのぼり新庄村役場のところを蒜山方面へ右折
県道58号へ入り「不動滝」へ
その後、県道58号へ戻り「野土路の水」へ
そして蒜山へ抜けました。今回は時間の関係で寄らなかったですがルートの中には
有名な蒜山の「塩釜の冷泉」湯原の「唐戸の名水」もあります。

流しそうめんの紅葉亭ですが平日の金曜日の11時30分くらいだったので、待ちはないだろうと行ってみると、すでに列が・・・
ここへ来るのは10年ぶりくらいです。
道もすごくキレイに舗装されていました。
e0173183_12343788.jpg

e0173183_1235161.jpg

e0173183_1240145.jpg

そうめんの流れる竹は、5本あり1本につき1グループが座れるようで
これは、この時期の土日は、すごい待ちが出るんではないでしょうか・・・
そして20分くらい待ったでしょうか・・・席に着けました。

まず、めんつゆに薬味を入れてお茶をとって席に着きます。
薬味は、ネギの他に青と赤のシソがありました。
これが、ベストマッチです!
e0173183_12395115.jpg

そして席に着くと、誰かが板の壁の向こうから流してくれます。
おお〜〜〜夏の醍醐味!これぞ絵に描いたような流しそうめんです!!!
e0173183_12413599.jpg

e0173183_12414871.jpg

しゃべっていると、取り損ねてどんどん流れていきます(汗)
気が抜けません!!
箸を立てて堤防を作ってしゃべることにしました。
どんどん流れてきます。面白い!
そして流しそうめんは終了。
3人で行きましたが、こんなに取り切れずザルに拾われています。
e0173183_12442447.jpg

そしてこのザルの中のそうめんも頂きます。
このザルのそうめんも、この席で頂くようで、待ち時間も長くなるわけですね・・・。
ここからは、席を移動して食べたら、もっと待ちも少なくなるのにと思い
お店の人に、提案をさせていただきました。

「いままで、そんな事を言って下さった方はいないです」とのこと
まあ、食事中に席を移動するのは落ち着かないものなので
賛否両論あるかもしれないですが、真後ろに待っているお客さんがズラリと並んでいるので
私たちは移動させていただく事にしました。
お店の人には感謝されました!

ついでに横野滝も見学しました。
歩いてすぐです。
e0173183_1251622.jpg

e0173183_12503199.jpg

e0173183_12505084.jpg

流しそうめんに、滝。夏の涼を満喫です!

これから名水巡りです。
最初に寄ったのは、「鬼清水」です。
国道181号沿いの龍宮岩の滝のところにあります。
国道から細道に入ると一変して景色が変わってきました!
e0173183_1256515.jpg

e0173183_12572342.jpg

見応えのある景色が続きます。
e0173183_12581338.jpg

川では何組かのパーティが川遊びをしていました。
海もいいけど、涼しげでベタベタしない川もいいかもしれませんね〜。
これが鬼清水の湧き水です。
すごい、透明感のある水で神秘的です。
e0173183_1304769.jpg

e0173183_131133.jpg


飲んだ感じは、柔らかい感じでした。
しかし気持ちの良いところです!

次は、美甘の「入夏清水」へ向かいました。
場所が分かりづらかったので、橋の上にいた方に聞いてみました。
なんと、「そりゃ、わしの家じゃ」と言うではないですか。
なんと言う偶然でしょう!
これはラッキーと思ったのは、束の間・・・「去年の大雪で壊滅したんじゃ」
マジですか??大雪でスノボに行けて喜んでいたときに大変なことがあったものです。
残念ですが、あきらめて次の目的地「不動滝」へ向かいました。

不動滝は道から少し歩いて降りなくては行けないようなので
少し面倒だな〜と、悩みましたが降りて正解でした!
滝壺が目の前にあり、絶景と水しぶきが気持ちよかったです!!
e0173183_13122829.jpg

e0173183_1313123.jpg

e0173183_13132053.jpg

e0173183_13133595.jpg

e0173183_13143634.jpg

e0173183_13145056.jpg


次に向かったのは「野土路の水」です。
野土路トンネルの手前にありました。
これこそ、名水って感じで湧き水しかないところです。
先客の方がいて、ご夫婦でわざわざ倉敷からこの水を汲みに来ているようです。
「色々と飲んだけど、ここが一番じゃな」と・・・言われていました。
さっそく、飲んでみると、先ほど飲んだ鬼清水の名水とは、明らかに違います!
温度も低く、サラッとノドをとおる感じでしょうか。
う〜〜〜ん正に名水ですね。
e0173183_13202668.jpg

e0173183_13204394.jpg

e0173183_1321665.jpg

e0173183_13212637.jpg

e0173183_13214674.jpg

下からどんどんと湧き出ている感じの名水です。
標高も860mと割と高いので冷たいのでしょうか。
おいしい水でした!

まだまだ名水巡りをしたいですが、時間の関係もあるので次回のチャンスにしようと思います。
by cache-jp | 2011-08-07 13:24 | バイクツーリング