<< 「ワタリガニのトマトクリームスープ」 四万十最高!! >>

前島へカボチャを見に行きました!

今日は、お店で使う南瓜の視察に前島の農家さんのところにバイクで行きました。
前島は牛窓から30分おきに出るフェリーで上陸出来る小さな島です。
島内は道幅も狭くすぐに島一周できます。
カボチャと言えば冬のイメージがあると思いますが
実はカボチャの最盛期は、6月頭から夏にかけてとなり
暑くなればなるほどに美味しいカボチャが出来ます。
特に6月・7月頃のカボチャは実も太り良い時期です。
8月になると少し実が薄くなってきます。
私たちが岡山で冬に食べるカボチャは、北海道や外国産のものです。
岡山産のカボチャは冬には、無くなります。
e0173183_1119124.jpg

e0173183_11191518.jpg

e0173183_11192988.jpg

e0173183_11234284.jpg


静かな小さな島に2気筒のバイクの音がトコトコと響き渡ります。
のんびりとした時間が流れ、畑から美味しい土の匂いが漂ってきます。
前島は素敵なところです。
今日は少し天気が曇天なので写真はキレイに撮れなかったですが
天気の良い日は最高です!

e0173183_11204073.jpg

e0173183_11205377.jpg


前島では、カボチャとキャベツの畑が多く今はカボチャ畑が広がっています。
カボチャが8月頃に終わると、次にその畑にキャベツを植えていきます。

エビス南瓜と栗南瓜は、よく耳にすると思いますが
栗南瓜は手間がかかり量が採れないので最近はエビス南瓜を作る農家さんが増えているようです。

南瓜はツルで出来るので米のように田植えして秋に一気に収穫ではなく
大きくなり熟れたものから徐々に収穫されていきます。
ですから、2~3ヶ月の間の時期によっても味は変わってきます。
みなさん南瓜って、当然色の濃い黄色の実を求めて買いますよね?
でも、切ってみて失敗したって事ないですか?
味付けすれば問題ないのですが、ここで黄色の濃いカボチャの見分け方ですが、
とりあえず、外見がキレイなものじゃなく少しデコボコしたムラのあるカボチャがいいです。
そして、外見に黄色い色が付いたカボチャがあります。
その黄色が濃いければ、中身も濃いので外から見てなるべく黄色の色が濃いものを選んで下さい。緑の色はどちらでもいいです。
あと、やっぱり、ずっしりと重い方がいいですね。
8月頃収穫されたものは、比較的軽くなります。
ツルの切り口ですが、湿っているものは、1週間ほど乾燥させて食べた方が良いです。カボチャは、採れ立てはツルの切り口が湿っています。
緑野菜と違い、採れ立てじゃなくていいです。

小学校の時、学校で習ったと思いますが、カボチャには、雄花と雌花があり、ミツバチが受粉してくれて実がなります。ミツバチが少ない時期は、手作業で受粉していきます。
野菜の美味しさは土の作り方が大きく影響するらしく前島では鶏糞を大量に使い土を肥やしているそうです。
e0173183_11211957.jpg

e0173183_11214659.jpg

e0173183_11221156.jpg

e0173183_11222689.jpg

e0173183_11223562.jpg

今年も美味しい南瓜が出来そうですね。

e0173183_11225597.jpg

これが、ツルから切り立てで、もらって帰り1週間経ったカボチャです。
そろそろ、乾燥して良い感じになってきました。そろそろ食べてみます。
by cache-jp | 2013-06-02 15:16 | お店のこと
<< 「ワタリガニのトマトクリームスープ」 四万十最高!! >>