人気ブログランキング |

カテゴリ:プライベート( 81 )

松山のとべ動物園

四国の方たちに、「とべ動物園」はいいよと前々から聞かされつづけ
ついに足を運んでみました。
京都動物園も良かったですがとべ動物園も最高に良かったです!
動物たちも生き生きとしていてサファリパークではないけど近いカタチの動物園で
かなり見応えありました!
e0173183_22265371.jpg

e0173183_22273160.jpg

e0173183_22274435.jpg

e0173183_2228947.jpg

e0173183_22283122.jpg

中でもペンギンのプールは最高で
水族館では、トンネルになったような水槽の中を歩ける・・・みたいなのはありますが
外の太陽の日差しを受けて泳ぐペンギンが見られる場所は珍しいんではないでしょうか?
e0173183_22295799.jpg

e0173183_2232824.jpg

e0173183_22321772.jpg

e0173183_22322988.jpg


レストランで昼食を取っているときにナイスな場面に遭遇しました。
何頭かゾウさんがいるのですが、小さい方のゾウが大きなタイヤですごく遊んでいました。
写真では撮れませんでしたが、タイヤを起こしては倒して転がしてホントによく遊んでました。
レストランの窓から見られる場所にゾウがいるので食事しながらずっと見てられて
ちょっと、得した気分です。
e0173183_22364713.jpg

e0173183_2237086.jpg


レッサーパンダも究極にかわいかったです。
e0173183_2239317.jpg

e0173183_22391475.jpg


昔、シロクマの赤ちゃんの映像をテレビで見ましたが、すでに大きくなっていました。
少し神経質なシロクマみたいで病気を患っているようでした。
近くで見ることができ、ふっくらした頭がかわいかったです。
e0173183_22423527.jpg



とべ動物園を後に松山城へ向かいました。
ロープウェイでぐいっと登り、高台にあるので松山市内が一望できました。
松山城は大きな天守閣は、なかったですが奥行きがありデザインが素晴らしかったです。
e0173183_22465176.jpg

e0173183_22472494.jpg

e0173183_22474710.jpg

e0173183_2248654.jpg

e0173183_22482673.jpg

e0173183_22484426.jpg

e0173183_2249839.jpg



その後、少し足を伸ばして、愛媛のマイナースポット「内子」へ行っちゃいました!
高速も無料区間だったので、アクセスが楽です。
内子は街並み保存地区で、岡山の倉敷や勝山などと同じように日本の至る所に点在する
古い街並みを保存してるところです。
重要文化財指定の建物もあり、期待せずに行ったのですが、思ったよりおすすめのスポットでした。
e0173183_2303243.jpg

e0173183_2304353.jpg

e0173183_231087.jpg

入口付近でやたらと目に付いた「酢たまご」の看板に眼を奪われ
「試飲出来ますよ」の呼び込みに一杯頂きました。
ちょっと気持ち悪かったのですが、飲んでみるとさほど違和感なく健康飲料のような飲み物でした。
e0173183_2313297.jpg

e0173183_2341852.jpg

至る所に民芸品のような商品や農作物、干し椎茸なんかが置かれていて、
「お金を入れて下さい」的な会計方法で平和な町でした。
渋いのれんに惹かれて蝋燭屋に入ってみました。
櫨の実から作る手作り蝋燭で遠くは関東からも注文が入るらしくて
工業油で作ったロウソクは、ススが出るのですが櫨の実から作られた蝋燭は、ススが出ないらしく
レストランとかでも使われているようです。
芯もマユから少しづつ手で丸めて作るらしく一日に沢山の本数を作ることが出来ないらしいです。
価格もそこそこですが、初めて見る凝った蝋燭でした。
作業風景も見学でき面白かったです。
e0173183_2315237.jpg

e0173183_2317175.jpg

e0173183_23171178.jpg

e0173183_23174097.jpg


トンボ玉を扱うお店がありました。
あまりにもキレイだったので思わず買ってしまいました。
2,800円のと3,000円の玉があり200円の差が何か気になったので尋ねてみると
トンボ玉の中にある、花の造作の花びらの枚数が3枚か5枚かの差らしく
3,000円のにしました。
e0173183_23221362.jpg

e0173183_23222223.jpg

e0173183_23223664.jpg


他にも色々と見所もあり、ふらっと寄ったお店で
観光スポットにはなっていないであろう普通の庭にも見応えのある風景がありました。
e0173183_23265321.jpg


内子でも、おそらくメインとなる観光名所であろう「内子座」へ向かいました。
こちらも重要文化財に指定されており古いままの状態が維持されていました。
講演も行われていて現役で活躍しているようです。
今回は講演はなかったので、地下の「奈落」と呼ばれる舞台裏まで見学できました。
e0173183_23273697.jpg

e0173183_2328725.jpg

e0173183_23281931.jpg


e0173183_23313677.jpg

猫が縁側でくつろいでいました。
のんびりとした空気の流れる中、強烈なお茶のいい香りが漂ってきました。
道行く観光客達をすべて引き込んでいました。
炒りたてのほうじ茶の香りで、袋に詰め放題1,050円と書かれていました。
私は小さい方(525円)を購入して「詰め放題だから」と詰めさせてもらいました。
少し遠慮気味に詰めていると、お店の人が「もっと袋をたたいて、詰めなさい」と
どうどん詰めてくれました。
袋パンパンの、この量で525円とは格安です!
e0173183_23354994.jpg

e0173183_2336112.jpg

e0173183_23412476.jpg


松山には、他にも道後温泉や坊ちゃんなど観光地がいっぱいなので
愛媛には、また来たいと思いました。
by cache-jp | 2011-04-03 22:32 | プライベート

最高の景色!氷ノ山

今シーズン2回目となるバックカントリーに行ってきました!
前回も天気良かったのですが、今回も晴天でした!
こんなに天気の良い日に当たるのは、けっこう珍しいみたいです。

今年は珍しく3月のこの時期に雪が降ってフッカフッカの雪が積もっていました!
雪深い山は大変体力が必要です。
朝一番に登りはじめた私たちは、雪を踏み固めながら登らなくてはいけません。
2番目に登る人は、踏み固められた所を登るので少しは楽です。
さらに3番目の人は、さらに踏み固められるので楽です。

途中、他の登山客とも遭遇し、先を譲りながら登っていきました。

今回はキツイ山登りになりそうです。

e0173183_1724382.jpg

e0173183_17235840.jpg

e0173183_17241585.jpg

e0173183_17242837.jpg


さすがに、高山病にはなった事がないので、自分の限界値も見えず
どこまで、耐えられるのか分からぬまま心臓と肺に負担をかけて登りました。
途中、頭痛がしだしたので、なんかやばいのかなと思うほどでしたが
おそらく、重い荷物を担いでいるので血流が悪くなったんだと思います。
まあ1,400mくらいの山なので高山病にはならないと思いますが・・・
e0173183_17233397.jpg

リュックに付いたストローで水を飲みます。

そして頂上付近へ到達!
2日前から降り積もった雪で、そこは別世界が広がっていました。
この景色を見るために苦労して登ってきたと言っても過言ではありません!
e0173183_17221761.jpg

e0173183_17204783.jpg

e0173183_17211298.jpg

e0173183_17215643.jpg


頂上付近では知らない人同士が自然と会話をはじめます。
e0173183_17231096.jpg


このだだっ広い白銀の世界を小さな人間がひたすら歩きスノボでシュプールを描きます!
右の方の黒い点が人です。
e0173183_17223134.jpg

e0173183_1722537.jpg


こんなの履いて歩いています。
スノーシューです。
e0173183_17201077.jpg

そしてお決まりのカップラーメンとおにぎりで昼食です。
e0173183_1719594.jpg

e0173183_1723224.jpg


途中、昨日は風も強かったのか雪の砂漠がありました。
e0173183_17234438.jpg


頂上付近まで約2時間登ってきました。
そしてこの付近で斜面に向かって登っては滑りを繰り返します。
さらに30分登り、1分で滑り降りを繰り返します。
ある意味、自虐的ですが新雪は最高です!
そして最後にこの谷に向かって一気に滑り降りるのです!
e0173183_1720322.jpg


久々に限界を超えて疲れ果てました!
by cache-jp | 2011-03-06 22:26 | プライベート

海鮮丼

いよいよ、暖かくなりラストランとなってきました。
この日は、雨の天気予報でしたが、なぜか晴天でした!
いつもは、天気予報は当たるのですが珍しく良い方にはずれてくれました。
おかげで春スノーが存分に楽しめました♪
上着を脱ぎ、ロンTで滑っていると、改めてスノボは、スポーツなんだなと感じさせられます。
e0173183_9281315.jpg

e0173183_928420.jpg

e0173183_9282248.jpg


雪はたっぷりと、まだゲレンデにはありますが、気温が高いためどんどん溶けています。
おかげで、長いスノー歴のなかで初めて足がビショビショになってしまいました。
水気が多いため、ブーツから染み込んできたようです。


帰りには、海鮮丼が食べたくなったので携帯で検索して皆生温泉近くの「なかむら屋」というお店に行きました。
岡山でいただく居酒屋のメニューよりはボリュームを考えると安い気がしました。
さすがに、鮮度も良かったです!
注文したのは「ヒラマサのお造り」「白バイのお造り」「焼き岩ガキ」「生ダコ唐揚げ」「湯豆腐」そして「上海鮮丼1,500円」です。
上海鮮丼には、ウニやいくら、ボタン海老なんかも乗っていて1,500円は安いと思いました。
個人的には、海鮮丼は白ご飯にたまり醤油をかけて頂くのが好きなので酢飯だったのが残念でした。
3人で頂きましたが生ビールを4杯注文して(運転手は禁酒)しめて10,700円でした。

お腹いっぱい食べてこの価格は安いです!
鳥取では焼肉を頂くよりおすすめだと思います。
調子に乗って、注文しましたが海鮮丼だけでも充分でした・・・
e0173183_9402871.jpg

e0173183_9404076.jpg

e0173183_9405612.jpg

e0173183_941686.jpg

e0173183_9411536.jpg

e0173183_9412740.jpg


なかむら屋
鳥取県米子市皆生温泉4-21-1ベイサイドスクエア皆生ホテル内
http://www.kaikehotel.com/nakamuraya/
by cache-jp | 2011-02-27 20:21 | プライベート

バイクのマフラーを変えました。

今日は、暖かくて天気も良かったので
バイクのマフラーを交換することにしました。

交換用のマフラーはピカピカに磨き上げました。
e0173183_023224.jpg


とりあえず、工具を用意して・・・・
何事も、道具が揃っていれば楽なもんです。
e0173183_032282.jpg


サビサビになった、可哀想なマフラーです。
でも、音が良かったので使い続けていました。
e0173183_034713.jpg

e0173183_044361.jpg


e0173183_054872.jpg

この、ガスケットのリングが取れなくて苦戦しましたが何とか外れました。
e0173183_071621.jpg


e0173183_22184021.jpg

e0173183_06234.jpg


取り替え完了です!
めちゃめちゃ格好いいです!
雪が溶けたら、ツーリングのシーズン到来です!
by cache-jp | 2011-02-23 00:08 | プライベート

氷ノ山へバックカントリー

氷ノ山へ登ってきました!
氷ノ山は、中国地方では大山の次に高い山らしく、山頂からの景色は最高でした。
当日は天気も良かったので絶景の写真が撮れました!

まず、ゲレンデからリフトを乗り継いで上まで上がり、そこからは山登りです。
e0173183_23354432.jpg


スノーシューを履いて道なき道をひたすら登っていきます。
途中振り返ると、朝だったので雲海を見ることが出来ました。
e0173183_2337774.jpg

e0173183_23382419.jpg
e0173183_23381390.jpg


なかなか、しんどい思いをして何とか頂上付近までたどり着きました。
遠くに大山が見えました。
e0173183_23395469.jpg

e0173183_2340498.jpg
e0173183_23403774.jpg

大山はひときわ高く飛び出しているので目立ちます。
e0173183_23415251.jpg

雪山だから寒いと思いきや、天気が良かったので、すごく暑くなりました。
上は、2枚ほどしか着ていません。

e0173183_23431944.jpg

看板の近くで、昼食をとることにしました。
持ってきたバーナーや水が活躍するときです。
水は飲み水も含めると1.5リットル持ってきました。
こいつが、リュックの中で重くてカラダに負荷をかけ続けていました。

しかし、この荷物のおかげで標高1,000mを超える山でカップラーメンやホットコーヒーを飲めるのです。この自然の中で頂く、あったかい飲み物や食べ物は格別です!!
e0173183_23474482.jpg
e0173183_23473381.jpg
e0173183_23472171.jpg
e0173183_2347748.jpg

e0173183_23481295.jpg


途中、違うパーティの方達とも遭遇して、色々とお話ししました。
e0173183_23513010.jpg

e0173183_23514499.jpg

新雪の中に、狐かイタチの足跡を見つけました。
これも大自然ならではです。
腹ごしらえを済ませ、いざ!山の中へ滑走です!!
道なき道を、滑り降ります!
e0173183_235149.jpg

e0173183_23522253.jpg
e0173183_23521337.jpg
e0173183_235227.jpg


雪に雑音は吸収され音のない世界を滑り降ります。
やっぱりバックカントリーは最高です!
e0173183_23544456.jpg

by cache-jp | 2011-02-20 23:25 | プライベート

バックカントリー

5年ぶりにバックカントリーの予定が入りました!

バックカントリーとはスノーシューという雪の上を歩くソリのようなものをスノーブーツの上から履いて道なき道を歩いて雪山に登りスノーボードやスキーで山を滑りおりるスポーツのことです。

たまに遭難者も出るくらい、少しデンジャラスなスポーツでもあります。
だから、なかなか周りに一緒に行ってくれる方もいなく5年もの間、山に登れずにいました。

ゲレンデと違い、本当の自然の中なので天気が良い日は、雪が音を吸収してくれるのか音がなく、水の流れる音や鳥の声だけが聞こえてきます。
そんな中でガスバーナーを使いコーヒーを入れて飲んだりした日には感動です!

頂上とかで知らない人と出逢ったら自然と話しかけてしまいます。

5年ぶりなので倉庫やクローゼットを探し回り、道具を検品しました。
ガスバーナーに方位磁石、酸素水、酸素ボンベ、ストック、スノーシュー、バック
完全に忘れていたような道具も出てきて準備はオッケーのようです。
ガスバーナーもバッチリ点火しました。
おっと、携帯用の鍋を買わなくっちゃいけなかったのを5年ぶりに思い出しました。
いざという時のためチョコレートも買っておかないと・・・

こんな風に、準備するのもバックカントリーの醍醐味です!
e0173183_190149.jpg

by cache-jp | 2011-02-17 19:00 | プライベート

またまたの寒波に喜ぶ大山♪

このまま、今年は暖かくなって春を迎えるのかと思っていましたが
寒波が到来して雪がまたまたたっぷりと積もりました。

米子道に入ると山や木々に降りたての雪が積もっていてテンションも上り調子です!
e0173183_2217033.jpg


三連休は山の方では天候が悪い予想だったのと混雑するだろうと予測して、あえて最後の日を選びましたが、最終日にもかかわらずお客さんは多かったです!

お昼は、席を確保することが出来ず雪の中でうどんを食べました。
なかなか、オツなもんです。
e0173183_2218108.jpg

途中、霧がかかってきて太陽の光がうっすら差し込んで幻想的な写真が撮れました。
今日は最高の新雪でふかふかの絶好日和でした!
e0173183_2219468.jpg

e0173183_22194691.jpg
e0173183_22192524.jpg


ゲレンデで上と下が繋がったつららを発見しました。
e0173183_2220516.jpg



いつもの事ですが雪山の帰りには、なぜか焼肉が食べたくなってしまうものです。
米子で行き当たりばったり探して飛び込みました。
携帯の口コミで「米子に“いこい”あり」って言う書き込みを参考に行ってみました。
焼肉やいこいです。
庶民的な感じの焼肉店でしたが、なかなか立派なお肉が登場しました!
あと、生肉なんかも変わったのがあったので生肉好きにはおすすめかも知れません。
家族連れでは、予算が高めです。
e0173183_2223861.jpg

この霜降りスゴイです!
e0173183_22233928.jpg

e0173183_2224875.jpg


帰り道に蒜山インターへお決まりのクロワッサンを買いに立ち寄りました。
やはり今回もバターたっぷりの普通のクロワッサンは売り切れでした。
少し時間が遅くなるといつも買うことが出来ません。
しかし、他のも、なかなか美味しいので自分の中では2番人気の「クリームチーズパイ」と「りんごのパイ」を買って帰りました。
e0173183_22245190.jpg


しかし最近の携帯は、キレイに写真が撮れるようになりました。
大変便利です!
by cache-jp | 2011-02-13 22:24 | プライベート

広島県の恐羅漢へ行きました!

広島県に位置する恐羅漢山は西中国山地国定公園に指定されています。
広島県・島根県の最高峰の山みたいです。
そんな、聞き慣れない恐羅漢のゲレンデに初めて足を踏み入れました。

ゲレンデまでの往き道は2ルートあったみたいですが運悪く危険な道を選んでしまいました。
雪により道は細くなり、ガードレールも所々にしかなく
雪崩も所々に起こっていて滑ったら崖に落ちてしまうような道を車で進みました。
ヒヤヒヤしながらも無事に到着!

e0173183_21513618.jpg
e0173183_21515432.jpg


青空に一本のキレイな飛行機雲がお出迎えしてくれました。
e0173183_2152934.jpg

ゲレンデは変化にとんでいて林間コースなんかもあり雪がたっぷりとあるときは、おすすめのスポットです!
e0173183_21522557.jpg

ゲレンデでは珍しく、普通にお好み焼きを焼いているお店がありました!
ゲレンデでこれをいただくと、めちゃめちゃ美味しいです!
お客さんも知っているのか、どんどん雪崩れ込んできて
「焼くまで30分以上かかるからオーダーストップです。」と断られていました。
早めに入って正解でした。
一気に10人前くらい焼いていました。
e0173183_2153042.jpg
e0173183_21524978.jpg

by cache-jp | 2011-02-06 21:53 | プライベート

例年にない大雪です。

ここ最近、強烈な寒さが続いています。
毎年、雪不足でゲレンデも悩んでいましたが、今年は違います!
鳥取県の大山も島根県の瑞穂もゲレンデはずっと2メートルを超える積雪で大喜びです。

しかし、ここまでの大雪になると困りもので
1月15日は、昼間だというのに-5くらいになっていました。
夜はもっと冷え込んでいるんだと思います。

雪道を帰る車も、慣れない雪道のせいか、稲妻のようにジグザグに滑って
確認しただけでも2カ所で8台が接触事故になって止まっていました。

スタッドレスタイヤでも凍結すると滑ってしまいます。
どうしても慣れない人は、滑り出すとブレーキから足を離せなくなり滑ってしまいます。
ブレーキをうまく使って雪道の運転は気をつけて下さい。
端の方の、雪の固まりも柔らかく見えて岩のように固いので、車をぶつけると凹んでしまいます。

とにかく、長年、スノースポーツをやっていますが、中国地方でここまでになるのは、異例です!

ゲレンデは最高の雪質で最高の状態ですが♪
e0173183_17223031.jpg
e0173183_17222356.jpg
e0173183_1722113.jpg
e0173183_17215382.jpg
e0173183_17214080.jpg

by cache-jp | 2011-01-16 17:22 | プライベート

四国うどんツーリング

久しぶりに四国へうどんツーリングへ出かけました。
行ったことのないお店を探して出かけました。
e0173183_18153078.jpg


一軒目に寄ったお店は、八百屋らしく、今回は自分で探していったのではないので残念なことにお店の名前を忘れてしまいました。
自分でネギと玉子を割って入れて、しょうゆタレを少しかけて食べます。
八百屋なので客席もなく外で立ち食いなのですが、これが少し寒かったせいで美味しく感じるのか、めちゃめちゃ旨かったです!
おまけに、よく覚えてないけど150円くらいでめちゃめちゃ安かったです!
おすすめハンコ大です!!でも店の名前が分かりません。
e0173183_1817317.jpg

e0173183_18171630.jpg

e0173183_18141225.jpg



二件目に寄ったのは「やまうち」と言うお店で山を抜けて山の中程にありました。
薪で火をおこして、うどんを湯がいていたのが感動でうどんツーリングの真髄を見た感じです。
てんぷらがいっぱいありました!
e0173183_18162061.jpg

e0173183_18163477.jpg

e0173183_18262079.jpg

e0173183_18261234.jpg



途中、土柱と言う観光名所的なところに立ち寄りました。
10年ほど前はもっと、大きかったらしいですが、どんどん削れて小さくなっているようで時代と言うか形ある物は、いずれ無くなるような感慨深いところでした。
e0173183_18175823.jpg



三件目に寄ったのは「わらや」と言うお店でたらいうどんが有名らしくでっかいたらいで出てきました!
大人7人でのツーリングだったのですが4人と3人に分かれ、たらいうどんの大を注文しました。
どでかい、たらいが出てきて食べきれるかなと思いましたがペロリと食べきってしまいました。
ここは、紅葉もキレイで水車もあり、特大の「おすすめハンコ」をあげてもいいお店です♪
e0173183_18164344.jpg

e0173183_18174290.jpg

e0173183_18172769.jpg

e0173183_18143973.jpg

e0173183_18165646.jpg

e0173183_18142849.jpg

e0173183_18145869.jpg

e0173183_18144917.jpg

e0173183_1815890.jpg

e0173183_18152033.jpg

by cache-jp | 2010-11-14 18:13 | プライベート